広がりを見せる司法書士の業務

登記や相続の専門家

司法書士は所有権を譲る人と受ける人の共同申請が必要な不動産の登記制度において、唯一、法律上の双方代理を認められた登記申請の専門家です。 土地や建物の取引や贈与、相続の際に個人が直接依頼できるほか、マンションなどの場合は不動産販売会社が一括して顧問の司法書士に依頼して行っているケースもあります。 また、会社設立登記の申請代行も行っており、起業を目指す方の相談窓口にもなります。
相続や遺言などの手続きにも強く、遺言書作成のアドバイスから相続関係の調査、遺産分割協議書の作成、相続に必要となる戸籍簿謄本や印鑑証明書などの一括収集も行ってくれます。 夫婦問題を取り扱い、財産分与や養育費、面会交流権などを定める離婚協議書の作成の仕事を行っているケースもあります。

借金問題の解決もサポート

近年は借金問題の解決をサポートするサービスを提供するケースも増えています。 借金問題の解決を得意としている方に頼めば、債権者に借金の減額を交渉する任意整理や過払い金返還請求を行ってくれます。 受任通知により督促がストップできる点も、依頼するメリットです。
制度改正により、認定司法書士という資格の認定を受ければ、簡易裁判所において140万円までの金額であれば、原告に代わる代理権が持て裁判手続きの代行ができるようになっています。 認定を受ければ債務総額140万円までに限り、個人再生などの手続きもサポートできます。 また、代理権はありませんが、裁判所に提出するための自己破産手続きの書類の作成も可能です。

最新のお知らせ

  • 登録されているお知らせはございません。

ランキング


最近の投稿