愛犬が隣人を咬み、損害賠償?

犬を飼っている方は気をつけてほしい案件ですが、2011年、俳優の夫婦が飼っている犬が、マンションの住人の女性を咬んだ事件で、高額な賠償金の支払いが命じられました。

昔から、愛犬が起こした事件により、飼い主に高額の賠償金を命じられてきましたが、犬が起こしたことの責任は飼い主が負うので、咬まれた人に対する怪我の治療費、慰謝料、損害賠償などを支払わなければなりません。

今回の事件では、咬まれた女性とは示談が成立しましたが、この事件をきっかけに引っ越したため、本来もらえたはずの賃料がもらえなくなったマンションの管理会社が俳優夫妻に損害賠償を求めて提訴し、賠償金が跳ね上がってしまいました。

愛犬を許される範囲で飼い、しっかりと管理することが大切なので、動物を飼っている方は注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事