交通事故に遭い保険会社から治療費の支払い中止を言われてしまったら

交通事故に遭い病院に通院していたが、相手(加害者)側の保険会社からこれ以上の治療費は払わないといわれてしまった場合、あなたならどうしますか。
通院などで会社を休まなければならず、給料も減らされてしまえば、当然困り果ててしまいますよね。

しかしながら通院を決めるのは、被害者と主治医の先生であり、保険会社が一方的に治療および治療費の支払いを中止することはできません。
まずは主治医の先生のよく相談して、保険会社の担当者に通院の必要や治療の見通しをしっかり伝えることが重要になります。まだ継続して通院治療が必要なのであれば、病院の診断書を保険会社の担当者へ提出すれば、おそらく通院を続けることができるはずです。
どうしても通院を認められないときには、被害者自身が手続きをして自賠責保険から支払いを受けることも可能なので、弁護士さんに相談してみましょう。

交通事故の問題は、治療費や過失割合・後遺障害・慰謝料など多岐にわたりますので、ご自身での解決が難しい場合やはり専門家を頼りましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事