中傷投稿やツイートをされたときの対策

便利で楽しいということで世界中の多くの人が利用しているSNSですが、以前にSNSの1つでるツイッターを舞台にして問題や犯罪につながる事件が発生しています。

その内容は特定の個人に対して詐欺師、不細工などの中傷ツイートを行ったとして投稿者情報の開示をもとめコレがみとめられました。
今まで接続情報の開示は2ちゃんねるが多かったのですが、ツイッターに対して開示が認められたのは異例であったということです。

こういったネットワーク関係の開示に関してはまず2チャンネルなどの管理者にIPアドレスとタイムラインの開示をもとめ、そこから利用者のプロバイダに情報の開示を求めていくという複雑な手順が必要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.



ランキング


おすすめ記事