兄弟間の相続での不公平感のトラブル

長女、次女、長男の3人兄弟で弟が父の遺産相続で2人の姉より多くうけとっているということでの相談となっています。

民法の第903条によりますと特別受益者の相続分に関してその財産も遺産の一部とみなして法定相続分から差し引いて遺産の分割をおこなうといった法律があります。

生活費の援助や結婚式費用など社会通念上、遺産の前渡しとまではいいがたい範囲の金額は特別受益とはいかないとされる場合があるようです。
法廷相続人全員が同意した場合には相続は法定相続分の通りにする必要がなくなります。こういった場合には相続の分割協議によっておこなわれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.



ランキング


おすすめ記事