飲酒運転の死傷事故についての判例

悪質運転に対する死傷事故の罰則を強化した自動車運転致死傷行為処罰法が2014年の5月20日に施工され刑法から危険運転致死傷罪と指導者運転過失致死傷罪を抜き出し、さらに新しい類型の犯罪を加えて構成されました。

新法の施工当日では埼玉県警が避けによって重症事故を起こした男を危険運転致死傷の疑いで現行犯逮捕をおこないました。

アルコール又は薬物などの影響によって正常な状態で自動車を走行させた場合には最高刑で20年の懲役となってしまう可能性があります。
世論の高まりによってできた法律の1つですので、こういった事件にはさらに厳重な処罰をするという表れであるかとおもいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.



ランキング


おすすめ記事