柔道の時間に大ケガした場合の慰謝料請求はできるか

学校の授業では生徒は教師の指導に従わなければならないので、教師には授業中に生徒の心身に生じる可能性のある危険を予見して回避するための適切な措置をとる注意義務があります。

また教師は任意である部活動よりも高度な注意義務を負っています。ですので、教師が注意の違反のために生徒が怪我などの事故におなってしまった場合には不法行為による慰謝料等損害賠償責任などが発生します。

学校も債務不履行に基づく損害賠償責任や休止の使用者として使用者責任がかかる可能性があります。柔道はやはり武道であり格闘技ですので、子供の柔道事故が後を絶ちませんので、教師は細心の注意が必要になってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.



ランキング


おすすめ記事