飲酒で口論をして暴力を振るった事件にについて

夫婦喧嘩で妻にコップを投げつけたり、殴ったりしてケガをさせたとして、京都府警亀岡署は町立中学校で保健体育と生徒指導を担当している教諭の男を逮捕したという事件です。

自宅で妻と友人女性の3人でお酒をのんでいたところ口論に発展し、その後、妻から顔に酒をかけられたことに激怒した男はプラスチック製のコップを妻の顔に投げつけr等をして花に傷を負わせ、頭を殴るなどをして怪我をさせたということです。

殴る蹴るという行為が暴行になるわけではなく相手をくすぐったり刃物を突きつけたり、タバコの煙を吹きかける等をしても暴行の罪になってしまう可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事