ウソの注文は罪になる

知人男性の名前で虚偽の注文を行い、みかんを配達させたとして兵庫県川西市の会社員の男が逮捕されました。虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて人の信用を毀損し、又はその業務を妨害したものは、3年以下の懲役、または50万円以下の罰金刑になるとのことです。

報道では容疑者はインターネットを通じて知人男性の名前で、会社にみかん10箱を注文し、同社の業務を妨害したということです。
男は、嫌がらせが目的でおこなったということで、それを認めています。

生産者の方が懸命に育てたみかんですので、そのみかんを犯罪につかってもいけませんし、虚偽の注文自体もおこなってはいけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.



ランキング


おすすめ記事