ギャンブル依存症とは

ギャンブル依存症は平成26年8月に厚生労働省が発表した内容によると536万人がギャンブル依存症になっているということです。

精神科医によるギャンブル依存症のケースですと、まず特徴としては自分は病気ではないと病気を否認する傾向があるということです。
また放置することによって症状があっかしてしまうケースはとてもおおいようです。

自己破壊的な行動をしてしまう傾向があり、犯罪などをしてしまう可能性があるとのことで、さらに家族を巻き込んでしまうケースもありますので、早めに治療をすることが望ましいです。
薬等の治療方法はないようですが、プログラムによる回復は可能ということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事