浮気の証拠収集が不正アクセス禁止法に該当するのか?

パートナーの浮気が考えられるため、証拠の収集をしようとしている方もいるかもしれませんが、その行為が不正アクセス禁止法に該当する可能性があるのだそうです。

夫婦間の問題なので、ほとんど問題にならないとは言われていますが、スマホに証拠があるかもしれないと思って、パートナーのスマホを覗き見するという行為は、プライバシー侵害に該当するため不正行為になる事が考えられますよ。

もしパートナーのスマホでフリーメールを閲覧する際に、パートナーのIDとパスワードを無断で使用してアクセスしたら不正アクセス禁止法に違反してしまうのだそうです。

自分自身のスマホやパソコンから、パートナーのフリーメールなどにアクセスした場合、パートナーのスマホに「異なる場所からのアクセスがあった、他人が不正使用していないか確認する」などと表示する機能もあるそうですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事