ネタです。という反論は法律で通用するのか?

何かをしたときにそれはネタです。といって通用するのかといった点について解説しています。それについて民事系と刑事系について解説されており、取引の効力がどうなるのかということになります。

民法については意思表示は表意者がその真意ではないことを知ったときであってもそのための効力を妨げることはできない、ただし相手方がその表意者の真意を知り、または知ることができないとしたときその意思表示は無効とするとあります。

原則的にはネタとしてした取引も友好となります。要するにそれはネタだったという反論は通用しないとされています。しかし相手方がネタだと知っていたときには取引は無効とされています。
一方で刑事系についてはネタの反論は通用するとは難しいのではないかということです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る