お金を貸してといわれたときの断り方

人から、連帯保証人になってくれと頼まれたりお金を貸してと言われた時には断るほうがよいでしょう。それは親戚でも同様でその理由として最も濃厚な理由は帰ってこない確率が非常に高いということです。

もう1つ重要であるのはお金を貸すとお互い成長しないということです。
お金を貸したとして相手は当座の金額が解決されることになります。そして相手はその借りたお金でどこかに返すだけまたはさらに消費するという行動をとるだけでしょう。
また、貸した側ももっているお金をただ貸すだけということになります。

投稿者さんがおこなった解決としては労働力を貸すといった方法をおこなったと解説されています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る