弁護士に頼らず裁判ってできるの?

裁判を起こす場合、法律に詳しい弁護士に依頼しようと考える方が多いかもしれませんが、弁護士に頼る事なく裁判する事はできるのでしょうか?

少額訴訟制度は簡易裁判所でできる訴訟であり、証拠が残っていて訴額60万円以下の場合に適していますが、基本的に1回のみなので複雑な内容の訴訟には向いていないのです。

民事調停は話し合いの手続きであり、専門家が間に入ってくれますが、相手の出廷が必要だったり、この調停自体に強制力がないという点には注意が必要ですよ。

金額が少なくて事件がシンプルで、弁護士への相談費用を節約したいと考えているなら、弁護士なしで裁判を行うのも選択肢の一つですが、法律に関する勉強が必要だと言えるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る